2018年08月14日

8月おわサタもう間近!!!

みんなの予約フォームをまとめてあげてみました!
応援したい役者が入れば、そこから予約して頂ければ役者がダイナミックに喜びます!
まだまだお席が空いております!
悩んでる方は是非是非!!!

月刊お笑いサタケ道場第八弾


『懺月の夜はあなたと』


〜愛するがゆえに魔となりて〜




【公演期間】


2018817日(金)〜19日(日)


【場所】シアターOM




作・演出 佐竹




【日時】


8


17日(金)19:30


18日(土)15:00 / 19:30


19日(日)14:00 / 18:00




【前売・当日共通】


大人2,500


学生1,500円(要学生証)


高校生以下1,000


[一般予約フォーム]

[OfficeSANDBOX扱い 予約フォーム]
→メール作成

[佐竹仁(お笑いサタケ道場)扱い 予約フォーム]
→メール作成

[立部円(お笑いサタケ道場)扱い 予約フォーム]
→メール作成

[なかとも(オカルト)扱い 予約フォーム]
→メール作成

[羽田野裕美(Jプロダクション)扱い 予約フォーム]
→メール作成

[志水祐嗣扱い 予約フォーム]
→メール作成

[上野貴彦扱い 予約フォーム]
→メール作成

[小林浩司(劇団黒豚農場)扱い 予約フォーム]
→メール作成

[小路侑希(打身しっぷす)扱い 予約フォーム]
→メール作成

[冨田亜紗子(打身しっぷす)扱い 予約フォーム]
→メール作成

順不同、敬称略。
posted by madoka at 16:56| Comment(0) | 日記

2018年08月01日

7月公演終了!!!そして8月!!

-->
-->はい、月刊お笑いサタケ道場終わってからの〜
舞台版うしおととら!
「太陽に 命 とどくまで」後編
までが全て終了したわけですよ!!!
怒涛!!
ひじょ〜に!暑い中、雨の日、又は台風のやってこようという日にご観劇頂き誠に、誠にありがとうございます!!!!
最終決戦に向けてお客様の熱意も伝わってくるようですよ!
願わくば、最後まで見届けて頂ければ幸いです!!

でも、もうゆーてるに8月??!!
お次はー!
お笑いサタケ道場からは、
7月の「懺月の夜はあなたと」の魅力溢れるキャラクター再び!!
どんな呪いや悪霊も喰らう、あらゆる神から見放された存在、『呪喰師』の満月彩子を私、立部円が。
守護霊、背後霊、悪霊、神にすら忘れられた存在、羽矢坂麗子を小路侑希が。
その力の謎に迫る…?!
7月公演観損ねた方も問題ありません!
観ててもマニアックなオカルト知識満載でちんぷんかんぷんです!!!(笑)
いやいや、孔雀王とか好きな世代は必見ですよ!!

月刊お笑いサタケ道場第八弾

『懺月の夜はあなたと』

〜愛するがゆえに魔となりて〜


【公演期間】

2018817日(金)〜19日(日)

【場所】シアターOM


作・演出 佐竹


【日時】

8

17日(金)19:30

18日(土)15:00 / 19:30

19日(日)14:00 / 18:00


【前売・当日共通】

大人2,500

学生1,500円(要学生証)

高校生以下1,000


立部予約窓口こちら!

https://www.quartet-online.net/ticket/zangetsu-kou?m=0bfgbeb


image1.jpeg

image1.jpeg



-->
posted by madoka at 21:10| Comment(0) | 日記

2018年07月24日

第七段まできた…!

お笑いサタケ道場13回公演
月刊お笑いサタケ道場第七段
『懺月の夜はあなたと』
〜呪いを喰らう鬼〜
終了!!!!
半分を越えました…。
本当にこの一年狂ったように芝居してる。
毎回、だんだん…今回が今までで一番ヤバい!!
と言いつつ、毎回記録更新していきましたが、6月のソウルメイトで藤田さくらちゃんの言った言葉が忘れられません。

「毎回今回が一番ヤバいって言ってますけど、これよりヤバい事があるんですか…?」

「ないハズさ!」

…いえ、ありました。
前日に台本半分を渡される。
そんな事ある?!
本番当日の超朝方から舞台セットやら衣装に小道具やら制作物をせっせとみんなで手分けして準備しつつ…何が一番用意できてないって、セリフ。
朝の6時頃まで後半の怒涛の展開は現実逃避して全然覚えてませんでした。
面倒だけどひっさびさに台本にマーカーしたりして。
とにかく物量を知っておきたかった…
また、ややこしい呪文だらけ!!!
ゲネと初日は、みんなしてまぁまぁ台本創作する勢いでやってましたね。
呪文は日替わりです(笑)
終わった今だから言える事ばかりだけど、本気で絶望した初日の朝が忘れられない作品となりました〜(笑)
ストーリーは今後もオムニバス展開でも作れそう!
新しいキャラクターで自分的にはなかなか新鮮だったのですよ。
ほんと孔雀王世代にはなかなかたまらん物語です。
感想ではアニメ地獄少女、少年漫画!と書かれていて、あぁそんな感じかも!
と、妙に納得したのでした。
来月も、乞うご期待ー!

ですが!!
今週は舞台うしおととら!!!↓

舞台「うしおととら」


『太陽に とどくまで』後編




公演期間


2018726日(木)〜31日(火)



場所 シアターOM


基本19:30〜

29日は18:00〜


注※29日(日)だけ時間が違うので要注意です!


今回は昼公演がありません。




チケット


前売り1500


当日1800




立部チケ取扱い窓口


https://www.quartet-online.net/ticket/ushitora54?m=0bfgbeb




【会場】


シアターOMアトリエ(大阪市天王寺区清水谷町8−19)


最寄り駅は谷町六丁目駅です。




問い合わせ


シアターOM事務所


0643927121


観に来てちょ!

劇場で待ってまーす!

posted by madoka at 07:10| Comment(0) | 日記

2018年07月08日

7月公演情報あっぷ!!

image3.jpeg

image4.jpeg



お笑いサタケ道場

月刊お笑いサタケ道場第七弾

『懺月の夜はあなたと』

〜呪いを喰らう鬼〜』


【公演期間】

2018720日(金)〜22日(日)

【場所】シアターOM


作・演出 佐竹


【日時】

7

20日(金)19:30

21日(土)15:00 / 19:30

22日(日)14:00 / 18:00


【前売・当日共通】

大人2,500

学生1,500円(要学生証)

高校生以下1,000


立部予約窓口

https://www.quartet-online.net/ticket/zangetsu-zen?m=0bfgbeb


今度は和風テイスト?!

オカルト大好き佐竹の本領発揮なるか!!!

みんな今までにない役所になりそう…!




image1.jpeg

image2.jpeg



シアターOM

●新「うしとら」プロジェクト2018

舞台「うしおととら」

『太陽に とどくまで』後編


【公演期間】

2018726日(木)〜31日(火)

【場所シアターOM


【日時】

7

26日(木)19:30

27日(金)19:30

28日(土)19:30

29日(日)※18:00

30日(月)19:30

31日(火)19:30


注※29日(日)だけ時間が違うので要注意です!

今回は昼公演がありません。


【チケット】

前売り1500

当日1800


立部チケ取扱い窓口

https://www.quartet-online.net/ticket/ushitora54?m=0bfgbeb


【会場】

シアターOMアトリエ(大阪市天王寺区清水谷町8−19)

最寄り駅は谷町六丁目駅です。


【問い合わせ】

シアターOM事務所

0643927121




posted by madoka at 15:56| Comment(0) | 日記

2018年06月25日

ソウルメイト終了!!!

image1.png

月刊お笑いサタケ道場もとうとう6回目を乗り越えました!!
ご来場頂いたお客様、関わって下さった皆さま、本当に本当にありがとうございます!!!!
毎回ヤバイゆーてますが、今回ほど心の折れかけた舞台はありません。
最近薄くなったタウンページに匹敵するのでは…?という物量の台本を3日も切った時点でごっそり半分くらい渡されるという…
今回もめちゃくちゃスタッフさんや、共演者に救われました。
お客様を始め、物語を愛してくれた皆様、ありがとうございます!
為房さん、山岡さん、こーちゃん(清水さん(笑))は頼もしい客演さんでした。
本当、舞台に対する姿勢が皆さん男前!
そして若い子たちの芝居スイッチと言いますか、ギアが一個上がる瞬間を間近で観て、良い奴らだな、と思ったのです。
短い期間ですが、魂を共に削った仲間、戦友です。

しかしながら、やはり本音を言えば、再演はつらい!!
あんなに演りたかった再演がこんなに辛いとは…
密かにどれだけ泣いたかわかりません。
ソウルメイトは余裕なさ過ぎて考えずに頑張れたつもりが、劇団員である北くん(女性です)がスタッフで入って観劇後ギャン泣きしていたのを見て、それが一番ショックでした。
彼女の気持ちがすぐに分かったからです。
自分もずっと同じ想いでいたから。
北くんは初演エドガーです。
稽古中、本番中、こんな事があった、山本がどんな芝居をして、反応して、苦笑いした、苦しんだ、笑った…全てはついこの間の事のように鮮明に覚えているからです。
確かに生きていた彼女をすぐ隣に感じるのに、空いた穴には風が吹き続けているような感覚。
どれだけ抱きしめても抱きしめ返してもらえないような。
でも、だからこそ、彼女が旅立った6月には、お笑いサタケ道場の過去作で最も佐竹の思想と、北風と太陽なら太陽のようなお芝居を作りたいというサタケ節がふんだんに入った作品。
彼女と生きた傑作で。
お客様も前のめりに、手に汗握るお芝居になったでしょうか?(笑)
さて!
7月、8月は、佐竹が子供の頃からの趣味であるオカルトを解放?!
乞うご期待!!!
posted by madoka at 17:20| Comment(0) | 日記