2018年10月06日

花ねずみ

image3.jpeg

image4.jpeg




ご予約開始してます!!

公演期間

2018年10月26日(金)〜28日(日)


https://www.quartet-online.net/ticket/hananezumi?m=0bfgbeb


この物語を佐竹が初めて語り始めてから10年以上経った。

あの頃はみんな元気で若かった。

劇団員も何人かいた。

相変わらずストーリーの本質は変わらないけれど、随分と変わった物語。

おわサタがソウルメイトを最後に本公演を打たなくなった月日。

確かソウルメイトの打ち上げで佐竹が「次は全員ねずみの話にしよかな。」

わし「ネズミーランドか。」

その時の舞台監督「人間の話書けや!」
まさかそれから10年も本公演が止まるとは。
誰が想像しただろうか。
たったの10年ちょいで山本が私の側からいなくなるなんてこれっぽっちも想像した事なかった。
正直、劇団員全員がずっと同じモチベーションで残るとは思っていなかった。
でも、佐竹とまさこさんだけはずっと一緒にいるもんだと思ってた。
なんだかんだで北くんも。
この一年で、山本の知らないおわサタ作品を積み重ねて、いつか再演したいと言っていた作品を3つもやった。
どうしようもない虚しさと、どうしようもない熱さが常に私の中でせめぎ合っている。
毎月公演やって、毎月お客さんが楽しみに観に来てくれる。
そんな事は夢のまた夢だと思っていたあの頃。
今はとてもとても少人数かもしれないけれど、本当に毎月毎月、おわサタを楽しみに観に来てくれる方がいる事実。
本気でこんな生活続けられるやろうかという弱気な気持ちも3時間にいっぺんは頭をよぎるけど…
毎回毎回、観に来てくれる方々に心から楽しんでもらいたい、熱い気持ちで芝居をするくらい熱い眼差しで観てもらえたら。
じんわりと手に汗握るお芝居。
私はまだおわサタで、エンターテイナーでありたい。
魂を削って削って生み出す物語でいつか命を落としても、もう後悔はないだろう。
べらぼうに楽しくて、べらぼうに寂しい。
posted by madoka at 18:06| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: